蔡國強は中国出身の美術家で1986年から95年の間、日本に滞在し、現在はニューヨークを拠点に活動しています。
北京オリンピックでの花火の演出や火薬を用いたダイナミックな作品制作で世界的に有名です。
京都国際現代芸術祭2015での蔡國強によるインスタレーション『京都ダ・ヴィンチ』の展示物で、
農民発明家・呉玉録が身近な材料を使って自作した「ジャクソン・ポロック・ロボット」によるアクション・ペインティングです。
全て異なる絵柄になるようにプログラムされており偶然が生み出す美を感じる作品です。